正社員になるのとならないままでいることではどういう違いが生まれてくるのでしょうか。正社員になれるチャンスがある場合は、正社員になってみていろいろ考えてみてはいかがでしょうか。

社会人の男女

食品と土木の正社員はどちらがなりやすいか

食品と土木の仕事は、どちらも人間の生存のために必要です。需要もある程度高く、正社員の仕事は多く募集されています。食品と土木をくらべると、土木の方が正社員になりやすいです。この仕事は日本各地で募集されており、未経験者の方でも採用されることがあります。食品の会社はいろいろありますが、全国的に有名で規模の大きな会社の場合は、入社は簡単ではありません。大学卒で入社するか、他の会社で実績を上げて入るしかありせん。ただし、小規模な会社だったら入りやすく、学歴は重視されないことが多いです。
土木の仕事の場合は、未経験者の方だったら、正社員として採用されないことが多いです。アルバイトや契約社員として採用されて、仕事で実績を上げたら、正規の社員として雇用されます。この仕事は体力勝負です。体力に自信がない場合は、応募しない方が良いでしょう。体力に自信があったら、たとえ未経験でも応募する価値はあります。最初は現場のきつい仕事を担当することになりますが、頑張り次第で上の仕事ができるようになります。施工管理と呼ばれる現場監督の仕事をするようになれば、給料が上がります。会社によっては、土木関係の資格を取ることを奨励される場合があります。資格を取ることができたら、資格手当をもらえるので、積極的に取得しましょう。
食品の場合は大手の会社よりも、地域に密着した歴史のある会社を狙うようにしましょう。製造の仕事のほかに、営業職が募集されることもあります。営業は食品産業の要なので、いい結果を出せたら、給料が高くなる可能性が強くなります。製造の仕事をする場合は、自分で勉強をして、新しいアイディアを出せるようにすることが大切です。

TOPへ戻る