正社員になるのとならないままでいることではどういう違いが生まれてくるのでしょうか。正社員になれるチャンスがある場合は、正社員になってみていろいろ考えてみてはいかがでしょうか。

社会人の男女

正社員や非常勤と関係なく皆勤賞を出す会社増

景気が回復傾向にある影響もあって人手が足らないために求人を出している会社が沢山ありますが、どの会社も人手不足に悩まされているところが多いために余程待遇を良くしなければ応募して来る人が集まらない状態です。
それは正社員や非常勤職員のどちらを募集しているかに関わらないことなので、会社としても良い人材が欲しいのであれば給料の額を上げたり休日日数を増やしたりする努力をする必要があります。
会社を経営して行く上において重要なことは如何に人件費を抑えて効率良く利益を上げることが出来るかを考えることではありますが、あまりに人手が足りない場合にはそのようなことを言っていられない場合もあります。
また正社員の場合には厚生年金保険や雇用保険の保険料を支払わなければならないので出来れば非常勤職員を雇いたいと考えている会社も沢山ありますが、長く働いて欲しい人を増やしたい場合にはそうは行かないのです。
ですから会社を運営して行く上で長期間働いて欲しい人を増やしたいのであれば正社員を短期間の間人手が欲しいのであれば非常勤職員をそれぞれ雇う必要があります。
ただ正社員であろうと非常勤職員であろうとよほど待遇を良くしなければなかなか来てくれないので、上手く他社との差別化を図ることが重要です。
その中で今注目されているのが皆勤賞と言うもので、例えば3ヶ月間無遅刻未欠席で働いてくれたら1万円出すとか1年間働いてくれたら3万円出すと言った会社が増えています。
このような臨時ボーナスは社員のモチベーションを上げるのに効果的であるだけでなく、それを求人情報に載せるとけっこう効果があります。
そのような理由から皆勤賞を設けている会社が増えているのですが、何れにせよどうしたら求人に応えて応募する人が集まってくれるかをよく考えることが重要です。

TOPへ戻る