正社員になるのとならないままでいることではどういう違いが生まれてくるのでしょうか。正社員になれるチャンスがある場合は、正社員になってみていろいろ考えてみてはいかがでしょうか。

社会人の男女

タクシーの正社員になって祝い金をもらってみよう

誰であっても、中高年になってしまったら、正社員として再就職するのは困難です。
しかし、タクシー業界であれば、高齢で活躍されている方も多く、また、ドライバーとして顧客を目的地まで送る仕事だから長く続けられます。
タクシー会社によっては、正社員として採用されたら祝い金が支給される上に、社員寮で住み込みができるとあって、何らかの事情で仕事を失ってしまった方にとっての駆け込み口にもなっているのが現状です。
具体的な勤務としては、一般的な仕事とは少し時間帯が異なっていて、長時間勤務の後の休日か、半日勤務ぐらいを連続で行うかのどちらかになります。
正社員として所属している会社の方針や指示もあるのですが、基本的にドライバー自身の裁量に任されていることが多いです。
そのため、タクシーの仕事を始めてから、うまく顧客をつかまえて大きな売上を出している方も見えます。
タクシーの仕事は業務として顧客を乗せるので、営業用の二種免許が必要となりますが、一定期間勤務する等の条件を満たすことで会社負担で取得できます。
給与体系は、仕事を頑張った分だけ増えていく歩合制になっていて、予め決められた分を引いた残りがそのまま手取りになります。
正社員として入社してからしばらくは最低保証がある会社もありますが、いつまでも稼げないままではタクシーのドライバーとしてやっていけないので頑張りましょう。
多くの方がきちんと生活できており、最初は不慣れでもだんだんと要領が良くなっていくのが普通です。
個人営業に近い形態とはいえども、正社員という社会的立場と手厚い福利厚生は魅力的であり、机に座って上司の顔色をうかがうよりも楽しいという天職になっている方もいます。

TOPへ戻る